転職の現状

転職とは一度就職した後にその雇用契約を解消し、新たに別の雇用主と契約を結ぶことをいいます。
職種は同じこともありますが、同じ場合でも転職と呼びますし、独立や起業することなども転職に含まれます。
日本では明治時代までは職人などの引き抜きが活発に行われていましたが、大正時代以降は終身雇用を一般的とする企業や職種が多数を占めていました。
終身雇用は日本企業の大きな特徴の一つだといわれてきましたが、中小企業では経営が不安定なこともあり、必ずしも終身雇用を保障することはできていませんでした。
若い人たちの転職は以前から一般的で、医療・ホテル・外食産業などの中堅規模の企業の専門職労働者の転職が比較的多いといわれています。


アメリカでは転職がキャリアアップの一環として頻繁に行われていることと比較すると日本の転職率は低く、ヨーロッパの長期雇用と共通点が多く見られます。
日本での転職希望者の理由の1位は「給与に対する不満」で、半分近くを占めています。
また、他にしたい仕事がある、将来性の高い組織で働きたいなども理由としてあげられます。


最近では転職専門のインターネット情報サイトも誕生し、それらが転職活動の中心となりつつあります。
転職サイトの数も増え、それぞれ独自のサービスが充実し、競争も激化しているように転職も珍しいことではなくなりました。
しかし転職は何度も繰り返すと雇用主によい印象を与えません。
一般的には3回くらいまでといわれており、それ以降は「仕事が続かない」と見られがちですので慎重に行わなければいけません。

Copyright © 2014 転職の求人の探し方 All Rights Reserved.